logo株式会社サンライフ

金地金販売・貴金属買取り

営業時間:平日9:00〜18:00
TEL:03-6222-8065

トルコで盛り上がっているゴールド投資

トルコリラの下落が止まりません。過去10年にわたってその価値は下がり続け、2016年後半にはその動きが加速、今年2017年1月後半には史上最低レベルをつけています。

このトルコリラの下落の背景には、テロが頻発、観光や産業が立ち行かない状況に追い込まれているという国際情勢があります。またほぼ独裁を敷いているエルドアン大統領が、中央銀行に圧力をかけて、その金融政策をないがしろにし、金利を低く抑えようとしたことなどの国内政治状況もあります。その上、FRBの米ドル金利上げへの姿勢が、新興国からのマネーの流出に繋がり、トルコリラもまさにその動きの中に取り込まれているということです。

このような状況を背景に通貨安の続くトルコでは、今ゴールドへの投資、というよりは資金移動が大規模に行われているようです。特に2016年後半からのトルコリラ下落の加速化により、エルドアン大統領は国民に向けて、トルコリラの価値を防衛するために、国民が保有している外貨をゴールドもしくはトルコリラに交換するように訴えているようです。

トルコの銀行規制監督庁によると、2016年末のゴールド預金は169億トルコリラ(約45億ドル)となり、2015年末の106億トルコリラから急増しています。2016年の分を一年の平均価格でゴールドの量に換算すると51.6トンとなります。このうち159億トルコリラに当たる部分は個人に、残りの10億トルコリラは金融機関その他という割合になります。

2016年12月にはこれまでで最高のゴールド預金の伸びが見られました。11月の終わりには128億リラだったものが、12月末には170億リラに大きく増加しています。

この状況はまだまだ続きそうで、そうである限りトルコリラはさらにその価値が下がる可能性が大きいと考えられます。投資としてのゴールド預金の需要は堅調に推移するでしょう。