logo株式会社サンライフ

金地金販売・貴金属買取り

営業時間:平日9:00〜18:00
TEL:03-6222-8065

米経済と欧州政治による金上昇

 金価格が騰勢を強めています。ニューヨーク市場の金先物は米国時間22日、一時1トロイオンス1250ドル(中心限月)を上回り、2月下旬以来、約1カ月ぶりの高値を付けました。米株式市場でトランプ政権の経済政策や政策運営への期待に陰りが広がり、ダウ工業株30種平均は続落。外国為替市場ではドル安も進み、金相場を押し上げました。フランス大統領選の行方をはじめとする欧州リスクと同時に経済の「トランプリスク」も金の買い材料になっています。

 金の先高を予想する市場の関心は、堅調な米景気と歩調を合わせて米株式相場を押し上げてきたインフラ投資拡大や大型減税、金融規制緩和などトランプ米大統領が公約に掲げた政策の実効性です。今後の予算教書演説や実際の予算編成で、新政権が掲げたインフラ投資や大規模減税が、縮小を余儀なくされるとの見方が出始めています。

 米株式相場の高値修正やドル安が進めば、金相場はもう一段の上昇が見込まれます。市場での金の買い意欲は強いとみられます。

 4月から欧州リスクを見通すうえで今年上半期の最大のヤマ場となるフランス大統領選がスタートするのも、投機筋の金の買い意欲を高める要因になるでしょう。