logo株式会社サンライフ

金地金販売・貴金属買取り

営業時間:平日9:00〜18:00
TEL:03-6222-8065

金、上昇基調を維持

金相場は上昇しています。1,300ドルを超えた日からさらに水準を切り上げ、昨年11月以来の高値をつける場面がありました。これは、北朝鮮が日本上空を通過する弾道ミサイルを発射したことを受けて、安全資産としての価値が見直されている動きなのです。

地政学リスクの高まりにより、金のほかにも米国債などの安全資産に対する需要拡大の可能性が指摘されています。このような動きはしばらく続きそうです。

 

一方で、米国株が安値から大幅に切り返しており、それに伴って金相場も上ヒゲを付けており、目先の高値をつけた可能性もあります。しかし、1,300ドルの大台を超えたこともあり、これが続けば、上昇基調も維持されることになるでしょう。さらに、ドル安基調を背景として、金相場の堅調地合いが年末まで続くものと考えられます。

12月の米利上げ確率が、40%から32%にまで低下しており、これも金相場の支援材料になります。

一方、プラチナが1,000ドルの大台を超えてきました。プラチナもいよいよ本格的な上昇基調に入った可能性があります。

また、パラジウムも高値を更新しました。いよいよ強い動きが本格化しそうな雰囲気となっています。