logo株式会社サンライフ

金地金販売・貴金属買取り

営業時間:平日9:00〜18:00
TEL:03-6222-8065

5月に金価格上昇の見通し

2017年上半期の金相場については、下値1150ドル、上値1350ドルのレンジを予想しています。欧州の国政選挙の結果などで波乱の芽が拡大した場合、昨年の高値1377.50ドルを上に抜けていく可能性もあります。

米大統領選でトランプ氏が勝利した昨年11月以降、株高・ドル高・金利高のトランプ・ラリーの煽りを受け、金が売られた局面もありました。

開票中に1320ドル台をつけた金価格は翌月、一時1120ドル台まで下落しましたが、下値が深まった要因には、例年秋~12月に高まるインドの婚礼シーズンに合わせた実需の買いが不在だった影響もあります。

インド政府は昨年11月上旬、高額紙幣の1000ルピー札と500ルピー札を突然廃止し、新紙幣2000ルピー札を発行しました。ところが新札の印刷が追い付かず、交換が進まなかったため、市中で著しい現金不足が生じました。

インドはキャッシュ社会であり、結婚式費用も現金で支払います。その現金が手元にないため、結婚式を先送りした人々も多くいました。

インドでは花嫁に親や親類が金を贈る伝統があり、先送りされた需要が春の婚礼シーズンの今年4~5月に高まることが予想されます。

その時期にはフランス総選挙もあります。今年上半期において最も米ドル建ての金価格が高値を出しやすいタイミングは、政治的要因やインドの実需の買い動向が重なる5月になるのではないでしょうか。

今後、日米通商交渉の絡みで、トランプ政権から円高圧力がかかる可能性もあります。円高に進み、為替要因で国内金価格が下がった場合、日本人にとっては割安で金を買うのによいタイミングとなるでしょう。